7/16
2014

名刺のサイズ

名刺、それはビジネスに欠かせないアイテムのひとつです。最近では、ボランティアなど個人での活動も活発になっていたり、働き方も多様化していたり することから、一人で複数の名刺を持つ方も増えてきています。皆さんの中にも、複数種類の名刺をお持ちになり、会社以外でも名刺交換をされる機会の多い方 もたくさんいらっしゃると思います。

ご自分の名刺、あるいはいただいた名刺のサイズを計ると、その多くは91mm x 55mmだと思います。これが日本国内で標準的に使われている名刺のサイズで、「普通4号」という規格になります。あるいは、女性だと少し小さい85mm x 49mmというサイズのものを使われているケースも見受けられます。こちらは、「普通3号」という規格です。ちなみに、この85mm という幅は、クレジットカードや銀行のカードなどと同じものになります。

これら以外にも、名刺の規格には以下のような種類があります。

ところで、私は半年ほど前にアメリカに出張したのですが、その際にいただいた名刺の多くは89mm x 51mmというサイズでした。日本のものと比較して、横に長い形になります。どうやら、これがアメリカでの標準サイズのようです。日本でも、アメリカ系の 外資系企業の方からこのサイズの名刺をいただくことがあります。

また、ヨーロッパに出張した際には、85mm x 54mmというサイズの名刺をたくさんいただきました。これは、縦横ともクレジットカードや銀行のカードと同じサイズで、ヨーロッパの標準的な名刺のサイズはこちらのようです。印刷業界では、ドイツに本社をおくオフセット印刷機メーカー、ハイデルベルグ社の社員の方はこのサイズの名刺を使われています。
meishisize

このように、世界的にみると名刺のサイズの「普通」にもいろいろあることが分かります。名刺って、本当に面白いですね。

  • yamashita

    執筆者

    山下 潤一郎

    Yamashita  Junichiro

    長期利益を実現する新規印刷サービスの立上げや印刷会社の戦略立案・実践を専門とするコンサルティング会社。コンサルティングサービスの提供に加え、「ブライター・レイター・ニュース」の発行、印刷市場の調査・分析なども行っている。

  • sawada

    執筆者

    澤田 真一

    Sawada   Shinichi

    印刷物として出力された商品に存在する「WEB上にはない可能性」を模索し、iPhoneアプリ「みんなのシール」「みんなの名刺」等、新しい印刷の形を提供する「有限会社コスモメディアサービス」にて代表取締役を務める。

  • sawada

    執筆者

    大村 美樹子

    Omura   Mikiko

    クレーム対応に関する研修、サポート専門の株式会社アイビー・リレーションズ代表取締役。 心理学的な視点から、現場で役立つ接客マナー、ビジネススキルについても併せて指導している。
    株式会社アイビー・リレーションズ
    http://www.ivyrelations.co.jp/

PAGE TOP ↑