6/22
2015

第5回:受け取った時の声かけABC

12

名刺交換は、自分の連絡先を書いた紙をやり取りするだけの一見単純な動作。
でも誰にでもできる簡単な所作だからこそ、ひとつひとつの所作や、交わす際の声かけでビジネス力が測られるとも言えます。

 

今回は、交換のタイミングで使えるワンランク上の声かけについて知っておきましょう。

 

1.相手と同時に名刺を差し出したときの対処方法

 

①お互い名刺を差し出した状態から、いったん自分の名刺を名刺入れの下に隠す
(ア)「お先に頂戴します」と言って、名刺入れの上で相手の名刺をいただく
(イ)ひと呼吸置いて、自分の名刺を名刺入れの下からスライドさせて前に差出し
「改めまして、○○会社の○○と申します」とあいさつする

 

2.相手から先に名刺をもらった場合の名乗りかた

 

①相手の名刺を名刺入れの上に乗せたまま、名刺入れの下(または間)から自分の名刺を差し出す
②「申し遅れましたが、○○会社の○○と申します」とあいさつする

 

3.初対面ではないが、かなり前なので改めて名刺交換したいときの声かけ
① 名刺入れを持って相手の近くに寄り「恐れいりますが、お久しぶりとなりますので、改めましてごあいさつをさせていただけますでしょうか」とあいさつする

 

ポイントは、最初は相手と目を合わせ、にっこり微笑みながら声をかけることです。
固い表情のままだと、感じのいい人として相手の印象に残らないので逆効果。
恥ずかしがらずにスマイル、そしてスマートな所作で相手に差をつけましょう。
なお、名刺交換の順序は職位の高い方から行うのがマナー。
自分が上司に同席している際には、先んじて相手方の偉い方と名刺交換をすることのないように気をつけましょう。

 

記者:大村 美樹子

  • yamashita

    執筆者

    山下 潤一郎

    Yamashita  Junichiro

    長期利益を実現する新規印刷サービスの立上げや印刷会社の戦略立案・実践を専門とするコンサルティング会社。コンサルティングサービスの提供に加え、「ブライター・レイター・ニュース」の発行、印刷市場の調査・分析なども行っている。

  • sawada

    執筆者

    澤田 真一

    Sawada   Shinichi

    印刷物として出力された商品に存在する「WEB上にはない可能性」を模索し、iPhoneアプリ「みんなのシール」「みんなの名刺」等、新しい印刷の形を提供する「有限会社コスモメディアサービス」にて代表取締役を務める。

  • sawada

    執筆者

    大村 美樹子

    Omura   Mikiko

    クレーム対応に関する研修、サポート専門の株式会社アイビー・リレーションズ代表取締役。 心理学的な視点から、現場で役立つ接客マナー、ビジネススキルについても併せて指導している。
    株式会社アイビー・リレーションズ
    http://www.ivyrelations.co.jp/

PAGE TOP ↑