5/25
2015

第1回:名刺交換が意味するもの

ビジネスの場面では、名刺交換は相手と最初にコンタクトをする機会、いわば「初めての共同作業」に相当します。
きりっとした動作で名刺交換ができるかどうかが、その後のお付き合いにも大きな影響を及ぼします。

 

ところで名刺交換は何のためにするのでしょうか。
相手の名前や連絡先を紙ベースでやり取りする行為は、インターネットでメールのやり取りが一般的になった現代では形骸化しそうにも思えますが、実際にはビジネスルールのひとつとして根強く残っています。

 

これは、やはり人間同士、直接顔を合わせてお互いを確認し合う行為として、名刺交換が意味のある動作だと考えられているから。
テキストデータだけのやり取りでは測れない人としての品格が、名刺を交し合う動作に表れることを、みな経験的に知っているからかもしれません。

 

よく「名刺は相手の分身だと思え」とも言われます。
つまり、名刺をいただいたら細心の注意を払い、大事に扱えということ。
また、表面に記された先方の名前や会社名などの情報に指を載せることは、相手を上から押さえつけることにも通じるので、なるべく文字や画像に指が触れないよう、端の余白で保持するようにします。

02


 

たかが名刺、されど名刺。
30秒にも満たないその動作ひとつひとつで、ビジネスパーソンとしての基本マナーが試されます。
あなたの第一印象を左右する名刺交換、きっちりとこなしましょう。

 

 

記者:大村 美樹子

  • yamashita

    執筆者

    山下 潤一郎

    Yamashita  Junichiro

    長期利益を実現する新規印刷サービスの立上げや印刷会社の戦略立案・実践を専門とするコンサルティング会社。コンサルティングサービスの提供に加え、「ブライター・レイター・ニュース」の発行、印刷市場の調査・分析なども行っている。

  • sawada

    執筆者

    澤田 真一

    Sawada   Shinichi

    印刷物として出力された商品に存在する「WEB上にはない可能性」を模索し、iPhoneアプリ「みんなのシール」「みんなの名刺」等、新しい印刷の形を提供する「有限会社コスモメディアサービス」にて代表取締役を務める。

  • sawada

    執筆者

    大村 美樹子

    Omura   Mikiko

    クレーム対応に関する研修、サポート専門の株式会社アイビー・リレーションズ代表取締役。 心理学的な視点から、現場で役立つ接客マナー、ビジネススキルについても併せて指導している。
    株式会社アイビー・リレーションズ
    http://www.ivyrelations.co.jp/

PAGE TOP ↑