8/31
2015

第10回:こんなときどうする?「名刺を忘れた/途中でなくなってしまったら?」

先方の会社に行ったら、思いのほか多数の人と名刺交換をすることになり、手持ちの名刺が途中でなくなってしまった…というようなシーン、時々見かけます。忙しさにかまけて、会社で名刺発注をしそびれてしまうこともあるようです。
名刺はビジネスマンの必携ツールであることを考えると、そんな事態は不注意としか言いようがないのですが、でも起こってしまったことは仕方ありません。
あとはピンチをいかにチャンスに変えるか。その攻めかたこそがポイントです。


010


第9回「名刺交換のタイミングを逃してしまったら?」と同様、名刺交換をしそびれたときには、郵便を使って追っかけで送ることができれば、かえって相手に印象を残す出会いになる可能性があります。
普通にその場で名刺をやり取りするのではなく、私信として後日封書で名刺が送られるほうが、インパクトがあると思いませんか?


大事なのはその送りかた。
次の基本ポイントを押さえることが前提です。



①相手に会ったその日のうちに郵送する
②宛先は手書きで書く
③ひとこと、手書きのメッセージを添える
①は相手の中から自分の印象が消えないうちに、名刺が手元に渡ることをイメージして。できれば切手も自分で用意して、できるだけ早いタイミングでポストに投函しに行くのが吉。
もちろん、名刺の在庫がなければ仕上がり次第、すぐに送付できるよう、2、3の準備だけは早急に整えて。


②は、相手の名刺を見ながら手書きでしたためることで、手に取ったときの印象を強めることができます。
字の美しさに自信がない、という方でも、自分なりにていねいに書くことで気持ちが伝わるはず。


③は当然ながら名刺だけポンと入れて送るのはNG。
メッセージも付箋などではなく、できれば一筆箋などが用意されているとより望ましいところです。


名刺を切らしてしまって…というセリフはあまり恰好のいいものではありませんが、災い転じて福となす、の気持ちで、アクシデントも味方につけるテクニックを駆使してみましょう。



 

記者:大村 美樹子

  • yamashita

    執筆者

    山下 潤一郎

    Yamashita  Junichiro

    長期利益を実現する新規印刷サービスの立上げや印刷会社の戦略立案・実践を専門とするコンサルティング会社。コンサルティングサービスの提供に加え、「ブライター・レイター・ニュース」の発行、印刷市場の調査・分析なども行っている。

  • sawada

    執筆者

    澤田 真一

    Sawada   Shinichi

    印刷物として出力された商品に存在する「WEB上にはない可能性」を模索し、iPhoneアプリ「みんなのシール」「みんなの名刺」等、新しい印刷の形を提供する「有限会社コスモメディアサービス」にて代表取締役を務める。

  • sawada

    執筆者

    大村 美樹子

    Omura   Mikiko

    クレーム対応に関する研修、サポート専門の株式会社アイビー・リレーションズ代表取締役。 心理学的な視点から、現場で役立つ接客マナー、ビジネススキルについても併せて指導している。
    株式会社アイビー・リレーションズ
    http://www.ivyrelations.co.jp/

PAGE TOP ↑