8/10
2015

第7回:達人は名刺入れにも気を遣う

いざ名刺交換、というタイミングで、ズボンのお尻のポケットから定期入れを出して、中から生温かい名刺を抜き出して…という方はまさかいないと思いますが、名刺をどこにしまっておくかはとても大事なポイントです。
ここまで書いてきたように、名刺入れは先方の大切な名刺を置くための座布団になります。
そして交換した後には、相手の名刺を収納するのにも使うわけですから、ボロボロだったり、安っぽいものだったりするのは、とても失礼にあたるのです。


ビジネスの達人は名刺入れにも気を遣っています。
高級ブランドのものである必要はありませんが、大切なのは次の3つ。


① 清潔感がある(古びていたり汚れていたりしない)
② スムーズに取り出せるようシンプルな造りになっている
③ 収納スペースが取られている

①は、当然ながらビジネスの際に使う小道具として、必要最低限の「きちんと感」があること。長期間愛用してもくたれず、使い続けられる高級品ならば最高ですが、数千円のものを買い替えながら、すっきりした印象を保つのもひとつの手です。

②については、表面に凹凸の飾りが付いていたり、デザイン優先の凝った造りになっていると、交換のタイミングでまごつくことにもなりかねません。一番いいのは封筒型のシンプルなデザインです。


meishiire


そして③は、いただいた名刺をしまう段になって、自分の名刺とごちゃまぜにならないよう、複数のポケットが中について仕分けができるようなデザインであること。次に別の場所で名刺交換をするときに、さっきいただいた名刺を出してしまう…なんて失策も防げます。


名刺入れは仕事の道具として機能的であることが第一義。
コミュニケーションを円滑に行えるような名刺入れを使えば、コミュニケーションの達人にもまた一歩近づけそうです。


 

記者:大村 美樹子

  • yamashita

    執筆者

    山下 潤一郎

    Yamashita  Junichiro

    長期利益を実現する新規印刷サービスの立上げや印刷会社の戦略立案・実践を専門とするコンサルティング会社。コンサルティングサービスの提供に加え、「ブライター・レイター・ニュース」の発行、印刷市場の調査・分析なども行っている。

  • sawada

    執筆者

    澤田 真一

    Sawada   Shinichi

    印刷物として出力された商品に存在する「WEB上にはない可能性」を模索し、iPhoneアプリ「みんなのシール」「みんなの名刺」等、新しい印刷の形を提供する「有限会社コスモメディアサービス」にて代表取締役を務める。

  • sawada

    執筆者

    大村 美樹子

    Omura   Mikiko

    クレーム対応に関する研修、サポート専門の株式会社アイビー・リレーションズ代表取締役。 心理学的な視点から、現場で役立つ接客マナー、ビジネススキルについても併せて指導している。
    株式会社アイビー・リレーションズ
    http://www.ivyrelations.co.jp/

PAGE TOP ↑